男性

借金で悩んでいるなら

債務整理をしたいけれど何とかマイホームだけは維持したいと考えているのであれば、個人再生という方法があります。借金問題で悩んでいるのであれば、出来るだけ早めに債務整理の経験が豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。

ジャッジガベル

裁判所に支払う金額

個人再生を行うに必ず申立てを行う裁判所に費用を払わなければいけません。合計金額で200000〜300000円の費用を支払う必要になるので事前に把握しておきましょう。個人再生は基本的にh負債の5分の1まで減額する事が可能となっています。

男性

仕組みと基本情報

個人再生を行うと負債を減額する事ができる為、本来完済する事ができない負債を完済する事ができます。さらに自己破産の際には残す事ができない住宅や車を残す事も可能です。申立の際には必ず裁判所に費用を支払う事になるので注意しましょう。

天秤

任意整理では完済困難

債務整理の一種である個人再生は、任意整理では大幅な減額を見込むことができず3年以内に完済が難しい、そして住宅や車など生活に必要なものは維持したまま生活再建をした人に向いている手続きです。最大で5分の1まで圧縮できます。

本

借金を大幅に減らす手続き

個人再生は借金を大幅に減らすことができる手続きです。手続きには裁判所に申し立てをしてから再生計画案が認可され弁済開始されるまで約6か月程度かかります。申立てには膨大な資料を提出しなければならず、決められた期日まで作成する必要があります。個人で手続きは現実的ではなく弁護士依頼を推奨します。

借金を整理し生活再建

説明

過払い金が発生していない

現在抱えている借金、正直なところ返済をするのが辛い、早く返したいと思っているなら弁護士に依頼して債務整理を行う方法があります。債務整理といっても方法はひとつではんく、いくつかあるのですが一番人気がある手続きが任意整理です。任意整理が人気な理由は、裁判所を介さずに直接債権者と交渉する手続きなので、期間も比較的短く手軽にでき、借金の減額や将来利息のカットをすることができます。任意整理が一番多く用いられている債務整理ではあるのですが、近年ではその傾向が変わってきています。任意整理は借金を減額させる手続きです。減額できる理由は、過払い金が発生しているからです。しかし、貸金業法が改正されてから8年近く経過しようとしています。そのため新規契約時から法律の上限を超える金利で融資をする業者はほとんど存在しないので過払い金自体発生していないことになります。そのため将来金利はカットできても減額はできないケースも増えています。すると、借金を多く抱えている方は金利カットだけでは5年以内に完済する見込みが立てられない人もでてきます。そこで個人再生です。個人再生も同様に借金を減額させる手続きです。個人再生は、自己保有の財産などを一部処分して減額に充てることができる手続きです。任意整理よりも個人再生の方が、減額できる割合が大きいです。大幅に減らすことができます。財産を処分するといっても住宅や車など生活に必要なものは維持したまま手続きできます。