裁判所に支払う金額

ジャッジガベル

依頼に必要な費用と相場

個人再生は裁判所に申し立てを行い、債務を減額してもらう方法です。一般的には任意整理を利用するよりも借金の金額を減らす事ができますが、手続きが複雑で時間もかかります。また自己破産を行った場合には所有物や財産なども処分されてしまいますが、個人再生の場合には住宅や車などの資産を残す事もできます。基本的に個人再生は借金を5分の1まで減額する事が可能です。しかし負債の総金額などによって減額される金額変化します。この個人再生には2種類あり、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」になります。「小規模個人再生」は個人再生の基本的な手続きとなっており、アルバイトや自営業の方でも条件を満たしている事で利用する事ができる為、こちらが多く利用されます。この時、再生計画に対して金融業者の過半数の同意が必要になります。「給与所得者再生」は将来的に安定した収入の見込みがある場合に手続きが可能な方法になっています。個人再生は、債務整理の1つの方法として利用されており、その他に「任意整理」「自己破産」などの方法を取る事もできます。個人再生にかかる費用は裁判所に支払う金額や弁護士などに支払う報奨によって決まります。弁護士に依頼せずに個人で裁判所に申し立てを行い手続きを行う事も可能です。しかし、必要な書類や手続きが複雑な為基本的には弁護士などに依頼する事が一般的となっています。裁判所に支払う費用は必ず必要になります。まず申立て料の手数料として10000円、官報広告費用が12000円、予納郵券として4000〜8000円そして個人再生委員に対する報酬が150000〜250000円が最低必要になるので注意しましょう。