借金で悩んでいるなら

男性

マイホームを守るには

自分たち家族の理想の城となるマイホーム購入を夢見ている家庭は多いと思われます。マイホーム購入は人生で最も高額な買い物になるといわれており、住宅ローンを利用して購入する家庭が大半を占めます。住宅ローンは高額かつ返済期間も長期間にわたることが一般的です。長期間にわたる返済期間の間には、転職やリストラによる収入の減少や、離婚等による家族構成の変化などが起こる可能性もあります。また、将来の収入増加を見越して住宅ローンを組んだものの、不況の影響で思ったほど年収が増加しないといったケースも少なくないといわれています。マイホームは手放したくないので住宅ローン返済のためにカードローンなどの他の借金を抱えてしまう家庭も少なくないといわれています。借金問題で悩んでいるけれど、何とかマイホームだけは維持したいと考えているのであれば、個人再生で借金の減額を認めてもらうという方法があります。債務整理には裁判所での手続きが必要な自己破産、個人再生と、裁判所での手続きを経ずに個別に債権者と協議する任意整理という手法があります。自己破産の場合はマイホームなどの資産は手放すことが前提となりますが、個人再生の場合は一定の条件が整えばマイホームを維持したままで借金の減額が認められることとなります。個人再生を希望する場合、債務整理の実績が豊富な弁護士に相談をしてみるのがよいといえます。借金問題は一人で悩んでいるだけでは解決しないので、早期に専門家に相談してみるのがよいといえます。