仕組みと基本情報

男性

必要な条件

個人再生は裁判所を通じて借金の減額を行う手続きになります。個人再生の特徴は自己破産と違い財産の一部である住宅や車を残す事ができます。さらに保証人になっていない限り家族に影響が無く迷惑をかける事がありません。基本的に個人再生を申し立てると大幅減額された借金を3年〜5年に分割していきのこりの負債を免除してもらう手続きになります。個人再生を申し立てる条件としては、将来的に安定した給料があり、債務の総額が5000万円を超えていない事になります。自己破産と違い債務の全てを免除する事ができない代わりに車や住宅といった一部財産を残す事ができます。個人再生にかかる費用は裁判所と依頼した弁護士に払う報酬になります。司法書士に依頼する事もでき、その場合には申立てに関係するほぼ全ての事を代わりに行ってもらう事ができますが、その分支払う費用は弁護士よりも多少高くなります。個人再生を行うメリットとしては負債の金額を基本的には5分の1まで減額できる為、返済が楽になります。その他にも金融業者は給料などの差し押さえができなくなるなどです。しかしデメリットもあります。個人再生の申立てると今後約5年〜10年間は新たにローンを組む事ができなくなります。そしてもう1つは返済を断続して行う事ができる収入がないと手続きを行う事ができません。さらに住所や氏名などが国が発行する「官報」に掲載されてしまいます。つまりブラックリスト入りする事になります。