借金を大幅に減らす手続き

本

手続きの流れと期間

債務整理の中でも個人再生は自己破産のように借金が全額免除されるわけではないですが、任意整理以上に借金の減額幅が大きく、住宅や車などの財産はそのままにして生活再建を目指すことができる手続きです。個人再生の手続きは裁判所に通わなければならず、提出しなければならない書類も非常に多いです。そのため手続きも複雑で大変ではあるのですが、弁護士に依頼をしてしまえれば申立者本人が自身で行う手続きはそれほど多くないです。手続きの流れとしては、裁判所に申し立てを行いその日の内に個人再生委員と選任され、申し立てから1週間後くらいに面接を行います。手続き開始が決定されると、裁判所は債権調査をし貸金業者等に債務がどれくらいあるか確認し借金額が確定します。債権額が確定したら再生計画案を提出、その再生計画案に対し個人再生委員が意見聴取、書面決議し認可するか不認可するかの決定を行います。認可されれば再生計画案が確定し弁済開始となります。個人再生の手続き期間は、約6ヶ月です。任意整理は早くて2ヶ月から3ヶ月なので、それと比べると時間がかかります。個人再生を行うには膨大な資料を決められた期日まで作成して提出しなければならないです。再生計画案を提出するにも複雑な計算が必要になり、素人には理解するのが難しい書類もあります。それを個人で行うのが困難であり期日に間に合わなければ一からやり直しとなります。弁護士に依頼するのが最適で裁判所でもそれを推奨しています。